top

自称秋葉系フォトグラファーryuのブログです。
写真作品を公開したり、模型の制作記事等を記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

僕の夏休み

ご来場並びに、ごアクセス、誠にありがとうございます。

モジュール、僕の夏休みシリーズの説明でもしていきたいと思います。

僕の夏休みシリーズは、現在絶賛構想中の架空私鉄、“上白沢鉄道”の為の
モジュールとなっております。
この上白沢鉄道は、日本海沿岸の某所をのんびりと走る非電化私鉄という設定と
していますので、風景はそれに似合う日本海沿岸の風景を作っています。
一応、モデルにした地域は各々あるのですが、場所をあまり特定したく無いので、
自分なりにアレンジを加え、それらしく見せているつもりです。

まず、一番場所を陣取っているコーナーモジュールですが、
こちらは新潟県糸魚川市の端っこに存在する筒石漁港界隈を
イメージして作っております。
この筒石漁港界隈の漁村は集落の周りが崖で囲まれており、
居住スペースが少ない事から、民家を三階建てにし、居住スペース
を確保している珍しい集落になります。
_MG_0607.jpg
模型ではもちろんこの様な建物は発売されていないので、
プラによるフルスクラッチです。
また、展示方法ですが、あえて後ろに海が見える様に
セットしています。
まだまだ、未完成なのでお見苦しいかと存じますが、
ご了承下さいまし。。。

次にお隣の小さいモジュールのお話を。
日本海沿岸の集落=黒い瓦屋根=原風景
という固定概念をずっと抱いていたのですが、
戦後数十年までは日本海沿岸の集落は石置き屋根
の民家が目立っていた様だったのです。
なので、石置き屋根の貧乏臭そうな集落を
作ってみました。
モデルとなった集落は能登半島は輪島から
車で海沿いの細い県道を西にひたすら30程行ったところにある
上大沢集落です。
_MG_7970_20140822072858c86.jpg
間垣と呼ばれる、冬の荒い日本海の気候から集落を守る背の高い
竹垣の集落にしたかったのですが、間垣は現在鋭意制作中でございます。。。
ちなみに、漁船やら小物やらもプラ材などでほぼ自作しております。
市販品は浮きとアンカー程度です。

最後に、なんだかんだ二年以上作っていて、一向に完成の見えない
舟屋モジュールです。
こいつは京都府は天橋立から海沿いの道を30分程度流したところにある
伊根の舟屋をイメージして作りました。
_MG_1857.jpg
作り始めた当初は日本海沿岸とか意識せず作っていたので、
舟屋の後ろがめちゃくちゃ。
逆にこのめちゃくちゃが功を奏して意外と人気の出たモジュールでは
あるのですが、自分としては日本海沿岸風にしたいので、
手直し中です。。。
どうしても消せない尾道臭。。。

最後に、架空私鉄について少しばかりお話を。
鉄道の設定については長くなりそうなので、割愛w
ちなみに某シューティングゲームのキャラ名から名前を取ったりなんて
してませんので。。。
色がノーマルとEXのツートンカラーとか知らなんで。
キモいって言うなぁ。
時代設定は1962年の夏としてあります。
なので、全車窓を空いた状態で作っています。
この所為で金属キットに手が出せないジレンマが。。。

車両の解説ですが、まずはびわこ型気動車から。
こいつは完全フリーランスです。
サイドは中国買収気動車の窓配置をそのままコピーして切り出し。
顔は鉄コレ南海ズームカーを移植して整形という手抜き工事です。
設定としては自社発注の日車製大型気動車。
1952年にDMH17に換装され、現在に至る。
って、したかったのですが、床下機器間に合ってませんw
動力はKATOのきらら改造中。。。

二枚窓の二軸客車は、東野鉄道ハ31がモデルです。
というか、まんま東野鉄道ハ31です。
西武にも前面窓配置の違う同型車がいたし、問題無しでしょう。
ちなみに戦後にエンジンを降ろされT車化されたという設定です。

三枚窓のダルマ車体は、元多摩湖鉄道キハ1をトレーラ化し、戦後混乱期に
買い出し列車輸送増強を目的に西武鉄道から購入したという設定。
車輪むき出しの特徴的な床下は作製中です。。。

サフ噴き段階で展示中の気動車は北陸鉄道能登線の
キハニ5102がモデル。
こいつはペーパーです。
リベット打ち初体験。
オーバースケールになっちまいました。。。

以上です。
他の出展者の素晴らしい解説は下記の通りです。
稚拙な文章にお付き合い下さいましてありがとございました〜。
ではでは、引き続きお楽しみ下さい><

激団チ○○ザ○ JAM 2014 出展モジュール説明文一覧
1:和風ヴェッキオ橋廃墟の調べ→http://imoden.blog.so-net.ne.jp/2014-08-19-1
2:峠越え→http://katakai695.blog133.fc2.com/blog-entry-888.html
3~6:続・武蔵野環状線→http://bosio.blog.fc2.com/blog-entry-28.html
7:武蔵野環状線→http://bosio.blog.fc2.com/blog-entry-28.html
8:竜飛海底駅ハーフ+桑名モジュール→http://shochans.jp/2014/08/19/3765/
9:下神明トリプルクロス→http://milkcoffee1969.blog137.fc2.com/blog-entry-207.html
10:嵯峨野線二条駅→http://arenawest.blog106.fc2.com/
11:工事中が工事中
12:古城の街→http://blog.goo.ne.jp/morikawa_city/d/20140819
13:鉄路の葬列→http://blog.100kendou.com/?day=20140818
14:古舞田競艇場→http://imoden.blog.so-net.ne.jp/2014-08-19-3
15:ギンギラギンにさりげなく→http://traintrain.jp/blog/detail/mid/19135/date/2014-08-11
16:人生の楽園→http://imoden.blog.so-net.ne.jp/2014-08-19-2
17:国鉄時代スイッチバック駅の情景→http://1500masa.blog111.fc2.com/
18:国鉄時代ローカル渓谷線の情景→http://1500masa.blog111.fc2.com/
19:ローカルの地面な雰囲気→http://128otoya.blog.fc2.com/
20:武田尾風モジュール→http://arenawest.blog106.fc2.com/
21:僕の夏休み@筒石漁港風→http://otafoto.blog.fc2.com/blog-entry-38.html
22:僕の夏休み@舟屋→http://otafoto.blog.fc2.com/blog-entry-38.html
23:僕の夏休み@小さな漁村→http://otafoto.blog.fc2.com/blog-entry-38.html
24:カオ電「築堤と交換駅」→http://kaoden.blog.so-net.ne.jp/2014-08-19
25:鉄橋とコンクリート橋→http://hebiatamaplus.blog137.fc2.com/blog-entry-152.html
26:大師線・港町カーブ→http://takusama2100.blog.fc2.com/blog-entry-421.html
27:兵どもが夢の跡→http://katakai695.blog133.fc2.com/blog-entry-889.html

スポンサーサイト
  1. 2000/08/19(土) 21:58:16|
  2. 模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブログ始めました。 | ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://otafoto.blog.fc2.com/tb.php/38-2c409c67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ryu

Author:ryu
自称秋葉系フォトグラファーのryuです。
本名 佐々木 龍
現在、鉄道模型誌等でカメラマンをしております。
お仕事ください><

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
雑談 (1)
告知 (1)
模型 (19)
写真 (26)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。