top

自称秋葉系フォトグラファーryuのブログです。
写真作品を公開したり、模型の制作記事等を記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

撮り鉄日誌(3/2編)

ども。
ryuです。
先日の記事は完全に半分眠りながら書いておりましたw
意外と書けてるモノですな。
というのも、二徹明けだったものでw
徹夜の原因は自分の趣味なので仕方なしですがね。
その徹夜の訳を記して行こうかと思います。。。

てな事で、紀勢貨物を撮って来ました。
下道でw
_MG_2320.jpg
(2013.03.02二木島)
紀勢貨物に目覚めたのは一昨年の冬でした。
海バックでDD51を撮りたいから行ってみようというのが
きっかけでした。
そっから完全に紀勢線に目覚めたんですが、紀勢貨物って
撮る分にはもの凄く非効率なのよね。。。
追っかけは出来るけど、追っかけ向けの撮影地は微妙。
朝早く出て、夕方帰るって言うダイヤだから東京から撮りに行くと
往復深夜のドライブ。
国鉄色スキーだから国鉄色撮りたいが、国鉄色が
入る確率は三割程度。
だから、行きたいけどなかなか重い腰が上がらなかったんです。
一昨年からずっと紀勢線の事が頭から離れないまま
突然舞い込んできた紀勢貨物の廃止。
紀勢自動車道が新宮まで開通するまでは安泰という
話を聞いていたので、今年はゆっくり紀勢貨物に
通ってやろうと決めていた矢先の出来事でした。。。
昨年、もっと行っておけばと後悔してます。
_MG_2432.jpg
(2013.03.02 波田須〜新鹿)
海バックってのが本当に好きなのよね。
この撮影地は夏に撮りに行きたかった。。。
二木島辺りの民宿で2泊くらいして、朝と夕方貨物撮って、
昼間は熊野古道の観光やら那智の滝とか見に行きたかったすね。。。
はぁ。。。
ちなみにこの日は電化区間で381系くろしおが走ったんで、
昼間はそっちの撮影に行って来ましたw
_MG_2393.jpg
(2013.03.02 古座〜紀伊田原)
光線は仕方ないw
メインは紀勢貨物なのだからw
てな感じで紀勢貨物の葬式に行ってきました。

で、おまけ。というか本編。
途中で見つけた気になる集落。
_MG_2302.jpg
(三重県熊野市二木島里町)
やっぱり、海と崖と集落がたまらなく好きです><
これ位広いスペースの漁港モジュを作りたいっすねw
_MG_2330_20130303204821.jpg
(三重県熊野市波田須)
少し山奥に行った集落。
とは行ってもこの右手には海が広がってます。
なんていうか、この密集感と空き地の感じが好きです。
舟屋モジュが密集した集落だったのに対し、コーナーモジュは
上手く空き地を利用した集落にしたのよね。

_MG_2443.jpg
(三重県尾鷲市三木浦町)
完 全 に 一 致
びっくりしましたw
舟屋モジュにくりそつな建物配置の集落っすw
もしかすると、舟屋モジュを作るにあたり、
この辺りの景色は少なからずインスパイア
されてると思います。
紀勢貨物にハマってから作り始めたモジュですしね。
そんな感じでちょいとセンチな気分になっちまったので
今日はこの辺で。
最近は黙々と車輌工作していますので、次回はそれらの
進捗具合でも晒そうかと思います。
京王27000の鉄コレも5セット確保出来たし、こいつらも
いじり倒したいと思います。
ではでは、のし。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/05(火) 21:31:58|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<架空鉄道始めました。 | ホーム | 撮り鉄日誌(02.24-25編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://otafoto.blog.fc2.com/tb.php/21-328ad9f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ryu

Author:ryu
自称秋葉系フォトグラファーのryuです。
本名 佐々木 龍
現在、鉄道模型誌等でカメラマンをしております。
お仕事ください><

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
雑談 (1)
告知 (1)
模型 (19)
写真 (26)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。